一ヶ月 痛みが引かない 腫れが引かない 正座が出来ない 静岡

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 一ヶ月経っても、足首捻挫の痛みが引かない、腫れが引かない、正座が出来ない方のお悩み解決

 

今回は多くの方が経験している足首捻挫についてです。

 

 

実は多いんです!!

 

 

捻挫をして、一ヶ月経っても痛みが残る

腫れが引かない

正座が出来ないという方。

 

捻挫をすると色々な問題が起き

それが原因で痛みが長引きます。

 

それを、1つずつみていきましょう。

 

 

 

<問題その①>

 

足首にある骨の位置関係が崩れる

 

捻挫をして、これが起こることにより

足首を下に向けると

足首の中にある骨が

正座をして痛いところに向けて

前に飛び出すように動きます。

 

このストレスにより、正座をした時に痛みが出やすく

いつまで経っても腫れが引かないという状態になります。

 

 

正座をしてみて痛い方は

これが起きている可能性があります。

 

正座は、捻挫した時の足の形に近くなるので

最後まで痛みが残りやすいです。

 

 

 

<問題その②>

 

痛みがあると脳が筋肉の出力を

抑えるように働く

 

それプラス

痛みで体重をかけられないことにより

筋力低下が起こる

 

 

実は筋力低下はすぐに起こります。

試しに、片足でかかと上げをしてみてください。

 

 

リハビリをされていない方は、捻挫した側が

上げにくいと思います。

 

そうすると、筋力が落ちた分を

他の筋肉が頑張り

頑張っているところを

痛めやすくなってしまいます。

 

 

 

<問題その③>

 

転ばないための感覚がおかしくなる

 

関節には、目をつぶっていても

どのくらい関節が曲がっているか

が分かるセンサーがあります。

 

捻挫後はそのセンサーが

うまく働かなくなります。

 

姿勢が崩れたときに無意識に

修正してくれる反応が遅くなります。

 

捻挫が癖になりやすいと言われる

理由の一つがこれですね。

 

試しに目をつぶって

左右片足立ちをしてみてください

 

 

 

*高齢の方や、骨粗しょう症など

 もし転倒にした際に耐えられない方は

 行はないようにお願いします

 

捻挫したほうの足のが立ちにくく

なっていると思います。

 

 (姿勢の影響で、立ちにくい脚や、捻挫しやすい脚もあります。)

 

 

 

<問題その④>

 

損傷した靭帯が元の状態に戻るには

一か月以上かかる

 

そして、リハビリ等により適度に

靭帯に刺激を与えないと

線維がぐちゃぐちゃに修復される

 

実は思っているよりも身体の中では

ダメージを受けています。

 

 

 

<問題その⑤>

 

損傷した組織の修復過程で

周りとくっついてしまう

 

周りと癒着してしまうことで

くっついてしまったところが

引っ張られると痛みがでます。

 

 

 

<問題その⑥>

 

筋肉が固くなる

 

捻挫した際に急激に伸ばされた筋肉が

切れないようにと過剰に縮み固まってしまい

関節本来の動きを邪魔するのと

固くなった筋肉自体が痛みを出し始めます。

 

 

このように様々なことが起きているのです

 

 

試しに一つチェックしてみてください!

 

①まず正座をして足首の痛みを確認します。

 歩きでもいたい方は歩いた時の痛みでも結構です。

 

 

 

②膝を曲げて、足首を上にあげて座ります。

 

 

④片方の手で親指を持ちます。

 

 

 ⑤反らせた位置で

 手で足の親指を固定して

 7秒間それに負けないように

 足の親指を下に曲げていきます。

 

 関節の曲がっている角度が

 変わらないようにやってみてください。

 

 

それを5セット行います。

 

⑤もう一度正座をして

 痛みの変化を比べます。

 

 

 

 

痛み軽くなった方は、足首の骨の位置関係が

崩れていると思います。

 

そしてそれが痛みの原因の一つになっています。

 

 

 

当院では

それらの原因をすべて解決するための

治療とリハビリを行っています。

 

腫れや痛みの期間が長いほど

治るのが遅くなります。

 

お困りの方は1日でも早い受診を

おすすめします。

 

静岡市 葵区 瀬名川 アスリート鍼灸整骨院  

松本 朝臣

 

他の記事をみる