股関節、前面の痛み、立ち上がりの痛い、原因が分からない、静岡市

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 原因は分からないが、立ち上がりなどで股関節の前面が痛い方のお悩み解決(アスリート鍼灸整骨院 静岡市)

今回は、原因がよく分からないのに走ったり、

切り返しをしたり、椅子からの立ち上がりや、

車を下りる時などに股関節の前に出る痛みに

ついてのお話です。

 

基本的にご自身で痛みの原因、例えば、階段から

落ちたや、床ですべって股関節を捻ってしまった

など原因がはっきりとしていないのに、関節に

痛みが出てしまった場合は、姿勢が影響している

ことが多いです

 

経験上、右の股関節の前に痛みが出ることが多いです

(左の場合は斜め前から横にかけてが多いです。)

なぜかといいますと、痛みが出る方はこの位置に

痛みが出てしまう姿勢の方が多いからです。

 

では右の股関節の前に痛みが出てしまう姿勢は

どういうものかと言いますと

骨盤が左後ろ方向に捻じれ、骨盤の右側が上に

上がっている姿勢です。

 

<後ろから見ると骨盤が左後ろに捻れ

 右が上方向にあがっている>

 

この姿勢になると、右の股関節の後ろの筋肉が

固くなってしまい、その塊が股関節を後ろから前に

押し出してしまいます。それプラス股関節の前の

筋肉も緊張しているため、そこでぶつかり合う

ストレスがかかってしまい痛みを出すのです。

 

もう、固い壁に後ろから顔をグリグリ押さえつけ

られている状態です。痛くならないわけがないです。

 

ひどくなるとそこで炎症を起こし水が溜まって

しまうこともあります。この場合でも適切な

治療をおこなえば、2週間である程度動け、

3週間でスポーツの試合や、レースに痛み無く

出ることも可能です。

 

治療としましては、壁を柔らかくしてあげて

後ろから顔を押さえつけられるのを止めれば

いいわけですから、

右股関節の前の筋肉(腸腰筋)と

右股関節の後ろの筋肉(外旋筋群)をゆるめて

あげればいいのです。

 

ご自身で出来るケアとしましては、股関節の後ろを

ボールでリリースすることと

股関節の前のストレッチをすることです。

 

やり方は

     <股関節後ろのボールリリース>

 

①上向きで寝て右のお尻の下の股関節の部分に

 ボールを置く

 

②そこから膝を曲げて内、外と1~2分間股関節を

 広げたり閉じたりする。

 *固いところはグリグリと痛いので、そこを狙ってください

 

 

      <股関節前面のストレッチ>

①右足を後ろにして足を前後に開き写真のような形を

 とる

 

②その姿勢のまま骨盤を前に持っていき右股関節の

 前面を伸ばす

20秒を2セット行い右股関節の前が伸びている感じがあればOKです。

 

*左の股関節の前面が痛い方は、リリース

 ストレッチ共に反対を行ってください

 

もしこれをやって痛みが上がる場合は中止して下さい。

お子さんの場合は股関節の感染症や、大人の場合は

股関節自体が変形をする、変形性股関節症で痛みを

出す場合もありますので、痛みが強い場合は受診を

おすすめします。

 

一人で悩まずに、痛みの原因を知り安心できるように

ご相談下さい。

 

 

アスリート鍼灸整骨院 静岡市 瀬名川

 院長  松本 朝臣

 

 

 

 

 

 

他の記事をみる