女性 首 痛み トレーニング 磐田

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 女性の首の痛み解消トレーニング(磐田市A様の事例)(アシスト鍼灸整骨院 磐田市)

今回は長年、首の痛みで悩まされていた一般女性のA様を御紹介させていただきます。A様はたった3回の治療とトレーニングで痛みもスッキリ解消され、笑顔で卒業されていきました。

では、A様の首の痛みの原因は何だったのでしょう。実は、お仕事中の座っている『姿勢』に問題がありました。A様は毎日デスクワークを9時間以上しておりました。もし、その座っている姿勢が悪く9時間以上もの間、首に負担がかかっていたら、、、それは痛みは引きませんよね。

なので、A様には座っている姿勢改善治療とトレーニングを行いました。

A様の座っている姿勢で気になったのは、骨盤の後傾とフラットバック(背中の背骨が平ら)でした。

人間、身体に1番負担のかからない姿勢というのは、写真のように骨盤前傾、腰椎前弯、胸椎後弯、頚椎前弯といわれる姿勢です。

 



ですので、A様の姿勢を少しでも写真のように近づける作戦でトレーニングを進めていきました。

まず、骨盤を前傾位にするトレーニングです。

 

ヒップリフト 10秒キープ×5セット

  


ポイント
・腰が丸くならないようにすること
・しっかりと股関節を曲げて、骨盤の前傾を意識すること
・お尻の筋肉からももの裏の筋肉のつっぱり感を感じたら10秒キープする
 

次に、胸椎(背中の背骨)の生理的後弯の獲得エクササイズです。

 

1、胸椎レベルの多裂筋リリース 右左 各1分





ポイント
・テニスボールやゴルフボールを使って肩甲骨の範囲(青線の部分)の背骨の際を上下にゆっくりゴロゴロ動かしてほぐす

 

2、骨盤の前傾位を保ちながら背中を丸くするエクササイズ(これが意外と難しい!) 10回


 
 
ポイント
・先ほど、ゴロゴロほぐした部分が丸くなるように意識して行うこと
・骨盤の前傾を下っ腹を使って維持しながら行うこと


以上のトレーニングとエクササイズでA様は座っている姿勢も無事改善され、首の痛みもスッキリ解消されました。

まとめ
*首の痛みは普段の姿勢が大きく影響している
*姿勢を改善するにはトレーニングが有効
*トレーニング時はポイントを押さえながら行う

今回はA様を御紹介させていただきました。もちろんA様の姿勢を評価した上でA様に合うトレーニングを行い、そしてA様は首の痛みが改善されました。

勘違いしちゃいけないのは、みなさんに全て当てはまる訳ではないということです。みなさんにはみなさんの痛みの原因が必ずあります。それを見つけだし改善することがいかに大事ということですね。

アシスト鍼灸整骨院(磐田)  院長
鈴木 亮瑛

 

他の記事をみる