仰向け、腰が痛い、横向きが楽、浜松市、整骨院

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 横向きは楽なのに、仰向けで寝ると腰が痛い方のお悩み解決

浜松市アーチ鍼灸整骨院、柔道整復師の松本です。

 

今回は、横向きで寝ると楽なのに

仰向けで寝ると腰が痛い方

のお悩み解決です。

 

まず、普段仰向けで寝ずに横向きで寝てしまう方は

猫背などの姿勢の乱れが考えられます。

 

姿勢が乱れてしまうと布団やベッドなどと

背中が接触している面積が減り、

その分を、接地している部分で支えるために

直ぐに疲れてしまい

横になる傾向があります。

 

横向きで寝ると、左右で楽な方があると思いますが

それは、例えば普段から右の骨盤が上がっていると

右が上で寝た方が楽など、

普段の姿勢に近い形が

寝ているときも楽になります。

 

そして本題の、仰向けで寝ると腰が痛い方ですが

これは経験上は90%以上の確率で

 

一方の骨盤が前に傾き

もう一方が後ろに傾いている

 

場合におこります。

 

基本的に、前を向いて立った時につま先をみて

前に出ている足の方が骨盤が前に倒れていて

反対が後ろに倒れています。

 

 

そして、骨盤が前に倒れている(つま先が前)側の

腸腰筋と呼ばれる筋肉を緩め

 

反対側の、腹直筋と呼ばれる筋肉を緩めれば

症状は軽減されます。

 

(*片方の膝が完全伸びないなどが原因で、

 骨盤の前後が、つま先の位置とは反対の場合も

 ありますので、症状の改善がみられなかったら

 一度反対で試してみてください)

 

 

ご自宅で、出来るケアとしましては

ボールを使い筋肉を緩め、ストレッチをかけて

あげます。

 

まずは、つま先が前側のリリースとストレッチ

 

(腸腰筋)

写真の場所にボールを当ててうつ伏せになり

身体を上下に動かしゴリゴリします。

 

 

 

 

腰骨の内側にボールを当てる

身体を上下に動かす

 

 

次につま先が前だった方の足を後ろにして

前後に足を開き膝立ちでストレッチを行います。

 

 黄色の部分を伸ばすように身体を前に持っていきます

 

<注意点>

 写真のように、身体は前に行くけど骨盤が一緒に

ついてきていない方が多いので気を付けてください

 

 

 

今度は、つま先が後ろだった方のリリースです。

(腹直筋)

 

 

ま先が後ろだった側の腹直筋にボールを当て

うつ伏せになって身体を上下にゴリゴリします。

 

 おへそを中心に右か左にボールを当てる

身体を上下に動かす

 

 

 

以上を行い、仰向けで寝て症状が

軽減されるようでしたら、これが原因として

考えられます。

 

リリースは1分から3分

ストレッチは20秒を2セット

継続して行ってください

 

ただし

腰の場合、姿勢を整えると逆に、痛みやしびれが

悪化する場合があります。

 

これは

ヘルニアと呼ばれる背骨と背骨を

つなぐ部分が飛び出てしまい神経を圧迫して

痛みやシビレを出すものや、

 

腰椎分離症と呼ばれる、背骨の疲労骨折など

 

身体を構成するものが壊れてしまっている

状態の時に起こることが多いです。

 

 

この場合は、早めに受診することをお勧めします。

 

アーチ鍼灸整骨院

柔道整復師 松本 朝臣

 

 

 

 

 

他の記事をみる

LINEでお問い合わせ