しゃがみ、正座、膝の痛み、膝が曲がらない、日常生活、浜松市整骨院

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 日常生活でしゃがんだり、正座をすると膝の痛みが出る、いつの間にか膝が曲がらなくなった方へ

浜松市 アーチ鍼灸整骨院で

施術とトレーニング指導を行っている

柔道整復師の松本です。

 

今回は、膝の痛み。

特に、つまづいて転んだなどの原因がないのに

日常生活を送っていたら、いつの間にか

しゃがみ動作や、正座で膝が痛くなってしまった

曲がらなくなった方についてです。

 

 

膝が曲がらなくなる原因は、かなり多くあります。

 

・膝の関節自体の変形

・膝に繋がる筋肉の固さ

・太ももの骨に対してスネの骨が

  外に向きすぎてしまうなどの姿勢不良

・ひざ下の脂肪体と呼ばれる部分の肥厚と固さ

・半月版の損傷や、その生まれ持った形の影響

・足首と股関節からの影響

・筋や腱の滑走不全

などです。

 

 

他にもありますが、今回はさらにもう一つの原因

膝の上にある膝蓋上嚢(じょうのう)についてです。

 

 

膝は大きく分けて二つの関節から構成されます。

 

 

①脛骨大腿関節

 

  スネの骨②モモの骨①で作られます。

 

 

 

②膝蓋大腿関節

 

  膝のお皿③モモの骨①で作られます。

 

 

膝はこの二つの関節で構成されますので、

実は、膝の動きは

膝のお皿の動きからも影響を受けます。

 

 

この膝のお皿にくっついているのが

膝蓋上嚢です。

 

 

 

膝蓋上嚢は、膝が伸びているときは2重構造

膝が曲がるときに下に引っ張られて1枚構造になります。

 

 

 

 

 

膝を曲げようとした時に、上嚢の固さや、癒着などで

下に伸びなくなると

膝のお皿の動きが止まっててしまいます。

それにより膝もそれ以上曲がらなくなってしまいます。

 

それでも無理やり正座やしゃがみ動作を行うと

過剰に引っ張られる組織が出て、痛みを出します

 

この過剰に引っ張られ場所が変われば

痛みが出る場所も変わりますので、

痛みの場所がはっきりしない方や

痛みの場所が変わる方は、

そのような事が起きています。

 

 

膝の前が固いことにより、膝の後ろの組織が挟まれて

痛みが出ることがあります。

 

これは二つ折りの財布の、真ん中のつなぎ目がなくて

上手く折り曲がらないような状態ですね。

 

それを無理やり曲げると中が挟まるか

外が過剰に伸びます。

 

それがみを出します

 

 

つまり膝の曲がりを改善する要素の一つとして

膝蓋上嚢の柔軟性があります。

 

 

膝蓋上嚢が伸びることにより、

お皿の骨が下に移動することが

出来るようになり、過剰に引っ張られる組織や

後で挟まれる組織へのストレスが減り、

痛みを軽減することが出来ます。

 

 

ここは自分でも、セルフマッサージやセルフリリースにより

柔軟性が上がります。

 

 <ボールでリリース>

 

うつ伏せで、膝裏にテニスボールや野球のボールを当て

自分が動くことによりリリース

 

 

 

<セルフマッサージ>

 

イスに座った状態で

囲まれた部分をマッサージ

 

上から下へお皿を下げていくようなイメージで

行う。

 

お風呂につかりながらでもいいですね。

 

 

基本的に朝などは、冷えにより組織が固くなって痛みが

出やすくなりますので、お風呂で温めてから行った方が

柔軟性が出やすく効果的です。

 

ぜひやってみて、膝の曲がりや痛みを確認してみてください。

 

(膝の腫れがある方は、関節内のお水が、

 この上嚢に溜まってしまっていますので、

 腫れが引いてから行うようにしてください。)

 

アーチ鍼灸整骨院 松本 朝臣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の記事をみる

LINEでお問い合わせ