長年の腰痛,腹筋,リリース&ストレッチ,静岡市,西脇

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 腰の痛みが中々取れないその痛み 実は腹筋が原因かも?!

こんにちは! スポーツラボ鍼整骨院 西脇店 中田です。

私は普段、静岡市で鍼灸師として多くの患者さんの治療・トレーニングの指導をしています。

 

今回は腰痛で長い間悩んでいる方で、もしかしたら腹筋が原因で痛みが長引いているかも!!の話しをします。

 

世の中では腰痛がでたら

 

その改善=腹筋強化 が主流になっているかと思います。

腰を守るのは腹筋であり、背筋も使って全体的に腰骨を守るように支えているのは事実です!

 

ただし必要とされている腹筋もトレーニングの仕方で、逆に腰痛を悪化させてしまうことがあります。

 

これはよく見る画像だと思います

 

生活をするにあたり衝撃を吸収する為に人間の背骨はS字に湾曲しています

この湾曲があることによって足元からの衝撃を頭までの各関節に分散することができますが

 

 

もしこの腰骨の湾曲がなかったらその衝撃の吸収はどうなるでしょう??

それが腰痛として降りかかってきます!!

 

湾曲が無いところに負担は集中して痛みの原因となることがあります。

 

何故か??

上のほうの背骨は、ろっ骨に守られて固定されています

下のほうにある腰骨は、ろっ骨がなく不安定な状態で

衝撃を受けやすい場所になっています

 

 

 

 

 

本来はそこに腰骨を守るための腹筋が働いてますが

多くの方がその腹筋が弱くなることで腰骨が不安定になり

それが原因で腰痛が発症しています

 

だから皆さん、腹筋をやってその結果、

 

腰痛が一時的に改善します。

 

で、安心してもっと腹筋をすれば大丈夫だろっ!!って

ひたすら腹筋ばかりします。

 

そうするとどうなるか

姿勢は猫背のように丸まることがあります。

(➡矢印のところが縮まっていますよね!)

 

それで

腰骨の湾曲が硬くなった腹筋によってうまく湾曲しにくくなって

が腹筋と見立てて)    腹筋が硬くなると背骨のほうに押しつぶされていきます。

 

腰骨がまっすぐになります。

 

そうすると

湾曲が無くなった骨に衝撃が集中するのでまた腰痛が再発する

というシナリオが生まれます

腰痛改善の為には腹筋は大事です!ですが!

正しい腹筋をつけることで姿勢も改善でき

 

なおかつ腰痛の再発リスクはだいぶ軽減することも確かです!

だから、長年腰痛で困っている方にやってもらいたい!

 

そして姿勢も良くなってもらいたい!!

 

そんな人の為に

 

正しい腹筋のストレッチからトレーニング

 

 

それは、

 

腹筋をつまむ

ろっ骨の下から ヘソ周囲まで硬いところを見つけては

腹筋の全てをつまみまくって引っ張る  

 

 

そして、

 

腹筋を伸ばしながら縮める

 

これをすることで

 

背骨のS字がキレイにできます。

 

 

 

その方法は

 

リリース  3分~5分

 

 

 

ストレッチ    20秒 × 2セット

 

 

 

腰痛予防の為の腹筋トレーニング

 

  立肘でキープしてヘソを地面につけるまで下げる        その後身体を上に持ち上げる

  この時に腹筋が伸ばされている感じがあればOK!  

 

 この運動を10回 × 2セット     *腰に痛みがある場合が無理をしないでください。

 

 

これをすることで

背骨のS字湾曲を維持しながら姿勢を保てるようになり

腰痛が改善することに繋がります

 

長年の腰痛で悩まされて予防として腹筋などのトレーニングをしているけど

痛みの改善がしきれない方、

 

是非この方法を2週間やってみることをおススメします。

やる価値はあります。

 

このほか長年の痛みでお困りの方いらしたら一度ご相談だけでもお待ちしています。

なにかしら、お力になれると思います。

 

静岡市駿河区西脇 33-1

054-266-3831

スポーツラボ鍼整骨院 中田 徹

他の記事をみる

LINEでお問い合わせ