筋膜リリース セルフマッサージ 筋膜

  • 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

アーチコラム 筋膜と筋膜リリースについて

こんにちは。スポーツラボ鍼整骨院滝ノ水の中川裕太です。

私は、学生さんや一般の方のパフォーマンスアップや痛みで困っている方を中心に診させて頂いております。

 

 

今回は一度は耳にしたことのある方が多いと思われる

『筋膜』についてお話させていただきます。

 

この筋膜というのは体全身にあります。

 

頭の先からつま先までです。

 

まず最初に筋膜とは何か。についてです。

 

筋膜は筋肉の上にある膜のことを言います。

 

 

鳥のもも肉をイメージしてください。もも肉の周りに薄ら白い膜があるかと思います。

そうです。あれが筋膜なのです。

 

この膜は浅いところと深いところの2カ所にあり、人の体を動かすことに必要不可欠です。

 

浅い筋膜は皮膚や脂肪や神経、血管があり、深い筋膜は筋肉を包んでいるようなイメージです。

 

この浅いところと深いところの筋膜は、逆に動きます。

 

例えば、浅い筋膜が右側に動いたとすると深い筋膜は左側に動く。みたいな感じです。

 

この動きの差が出来ることで筋肉がスムーズに動くようになり、その結果関節が動きやすくなります。

 

ここがとてもポイントです。

 

膝の内側が痛くて、その周りの筋肉をセルフマッサージしたとしましょう。

 

恐らく、気持ち良いくらいの強さで筋肉をマッサージするかと思います。

その時は楽になるけど、また痛みが出るなどの経験もあるのではないでしょうか。

 

先程もお伝えしましたが、浅い筋膜と深い筋膜は動き方が違います。

 

浅い筋膜から先にマッサージをしないと、深い筋膜との関係性は変わらないのです。

 

では、どうしたら良いかと言いますと。

 

さするくらいがちょうど良い強さなのです。

 

こんな経験はないでしょうか。

痛くなったらさすって痛みが楽になり、その後また痛みが出てもう一度さする。

 

あれは浅い筋膜が柔らかくなり、皮膚や脂肪が動きやすくなり痛みが減るのだと思います。

 

ですが、これでは再発してしまいます。

 

その理由は、浅いところだけ柔らかくなり、深いところは硬いままだからです。

 

浅い筋膜が柔らかくなり、皮膚が動きやすい感じが出てきてから、深い筋膜(筋肉)のマッサージをしていただくと痛みは更に減る方が多いです。

 

もちろん、痛みの出ている原因の筋肉を探し出した上でのお話です。

 

膝の痛みに関してはこちらをクリック

 

 

 

もう一度言わせて頂きます。

 

浅い筋膜をさすって

深い筋膜(筋肉)のセルフマッサージ

 

これです。

 

では実際にやっていきます。

 

 今回はひざの痛みに対してのセルフマッサージ方法です。

 

【浅い筋膜のほぐし方】

皮膚をさするようなイメージで。

動画はこちらをクリック

 

 

【深い筋膜(筋肉)のほぐし方】

筋肉をほぐすようなイメージで。

動画はこちらをクリック

 

 

少しでも痛みが減り、生活が楽に送っていただけたらと思います。

 

 

 

お問い合わせURL

 

 

LINEでもご相談頂けます。

 

LINE相談窓口

 

 

スポーツラボ鍼整骨院 滝ノ水 

 

 柔道整復師 中川裕太

 

 

他の記事をみる

LINEでお問い合わせ