• 医療関係者向けセミナー
  • トレーナー派遣
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
新着情報

トレーナー活動日記 トレーナー帯同 聖隷クリストファー高校サッカー部 県ユースBリーグ

こんにちは!
 
 
 
アーチ鍼灸整骨院の中川です。
 
 
 
聖隷クリストファー高校サッカー部の県ユースBリーグの試合に帯同させて頂きました。
 
 
 
今回は、県ユースBリーグの第2節
VS清水桜が丘Bとの試合でした。
 
 
 
前回の試合で惜しくも開幕戦を引き分けスタートとなってしまった聖隷高校としては、
 
 
今節でリーグ戦初勝利を経てインターハイ予選に臨みたい大事な一戦です。
 
 
 
 
 
 
 
前半、立ち上がりから聖隷ペースで試合が進んでいきますが、中々最後のところで連携が合わない場面が続きます。
そんな中、前半20分に待望の先制点がうまれます。
左サイドで得たフリーキックを押し込み先制!!!
 
 
 
 
 
良い時間帯に先制が出来て、チームの雰囲気もさらによくなります。
 
 
 
左サイドからの折り返しを右サイドにいた選手がボレーシュート!
そのシュートがキレイにキーパーの頭上を越えて、聖隷高校追加点!!!
 
 
 
最高の形で、前半を折り返しました。
 
 
 
しかし、2-0は、サッカーで最も怖いスコアと言われることもあり、
ハーフタイムにもう一度気を引き締めて後半に臨みます。
 
 
 
後半も前半の勢いのまま聖隷ペースで進んでいきます。
 
 
 
上手く相手の裏のスペースも使えてきて決定的な場面を何度も迎えますが、中々決めきれません。
 
 
れが見えてきた選手も出てきて選手を2人交代しますが、中々追加点を奪えず後半も残りわずか。
 
 
 
アディショナルタイムもあと少しというところで、右サイドを崩されて、
対応が遅れたところをミドルシュートを決められてしまい1点を返されてしまいます。
 
 
 
試合はそのまま2-1で聖隷高校の勝利!
 
 
 
良いゲームが、出来ていただけに最後の失点がもったいなかったです。
 
 
 
ですが、良い面も多数みられました。
 
 
ここからリーグ戦は中断期間へと入りインターハイ予選が始まります。
 
 
ンターハイに向けて、今回の最後のところでもったいなく失点をしてしまった経験が必ずいきてくるはずです。
 
 
 
中断期間の間に、今回の反省点を修正し今回以上に良い試合が出来るようにあと2週間しっかり準備します。
 
 
 
インターハイでの聖隷クリストファー高校の応援よろしくお願いします。
 
 

他の記事をみる